写真を贈りませんか?

こんにちは。カメラマンの田島と申します。
千葉と東京を中心に普段は企業さんの撮影したり、結婚式を撮ったり、
たまにタレントさんも撮ったりしています。
さっそくですが、こんな時だからこそ写真を撮りませんか?
家族と離れて暮らしている方は自分の元気な姿を見せる為。
誰かと一緒に暮らしている方は自粛中の日々をちょっと特別な1日にする為。
写真自体を、そして写真を撮るという経験を誰かに贈りませんか?

こんな状況の中、こういった活動をしても良いものかすごく考えました。
医療の手助けになる訳でもないし、反自粛を助長する事には繋がらないだろうか。。。
でも、もし自分や周りの人間がコロナにかかってもう会えなくなってしまったとしたら。
病院にいってしまってからはもうその人の顔を見ることは永久に叶わなくなってしまいます。
この事実は自分にとっては結構衝撃で、心にくるものがありました。
そう思うと、やっぱり今人の顔の写真を撮る事は、いつもよりも意味がある気がしてこうして動いてみる事にしました。

それにプロに写真撮られるってなったらみんなちょっとは気を使いますよね?
仕事が無くなって家にいるからって生やし放題だった無精髭だって剃ろっかな〜って思いますよね?
女性だったらメイクして着たい服を着る理由にもなったりしないでしょうか?

そして撮った写真見て「コロナで俺太ったな〜」なんて思い出も素敵ではないでしょうか?

そんな今のありのままを撮らせてください。

少しでもいつもと違った日になれば嬉しいです。

お問い合わせ



















入力内容に問題がなければチェックを入れてから送信してください。
上記の内容で送信します。